海音貝(うんね)のはなし。その3


こんにちは、アミです。

「海音貝(うんね)」シリーズの三回目。(一回目二回目もどうぞ!)


今回はツメタガイ プロジェクトがテレビ取材を受けた際に、逆取材させていただいた時の様子をお伝えします。もう放送は終わっているのですが、CBCテレビの「イッポウ」と言う夕方のニュース番組にてツメタガイの特集が組まれたのでした。



この日は取材とあって、女性陣の衣装(?)もカラフルに。


何たって若くてイケメンのアナウンサー(小川健太アナ)が取材に来るってことで、皆さんのテンションも高いです!笑い声がいつも以上に途絶えません。



前回、作業の様子はお伝えしましたが詳しくは上記のようになります。


立って作業したり、座って作業したり・・そんな基本的なことからスタートして、一連の作業の仕方も試行錯誤して完成したそうです。



取材が終わると、小川アナと番組の「イッポウ」ポーズを!

皆さんのワイワイ、キャッキャする様子が可愛くて可愛くて・・。



後に、サイン会となっておりました。

おばちゃんが少女になっている姿を目撃できた貴重な瞬間!

とにかく笑いっぱなしの取材でした。



このツメタガイを商品化した「海音貝(うんね)の惣菜」の瓶詰は「生海苔の佃煮」とセットで「みはまのおと ふるさとセット」として現在販売されています。



※画像はお借りしました。


その中の「海音貝 オリーブ漬け」は『いいともあいち交流会2017』(27の企業・団体が商品を出展)で『来場者試食人気コンテスト』一位。


その後の商談会『バイヤー試食人気コンテスト』でも一位になっています。すごい!


また、吉本芸人や全国の主婦によるご当地自慢ランキング『よしもと47シュフラン』企画でもふるさとセットが金賞に選ばれています。すごい!すごいぞ!



このツメタガイの瓶詰は美浜町の「つくだ煮街道」さんで購入することができます。



また知多奥田駅下にある美浜町観光協会ではツメタガイの水煮も販売されています。



と、ここまでツメタガイについて取材しているにも関わらず実はまだ食べたことのない私・・。

そんな訳で、このシリーズの最終回はツメタガイ実食レポートをしてみたいと思います!



つづく。




*つくだ煮街道*

〒470-2413 

愛知県知多郡美浜町大字古布字枡池6-3(map)

TEL:0569-82-5151  営業時間:9時~17時  定休日:水曜日



*愛知県美浜町観光協会*

〒470-3233 

愛知県知多郡美浜町 奥田森越70-3 名鉄知多奥田駅高架下(map)

TEL:0569-83-6660  営業時間:9時~17時 



 






-青海波-

- せいがいは - 愛知県知多半島よりお届けする 美浜のくらし。生活のあれこれ。

0コメント

  • 1000 / 1000