黄昏の天才を知っている


こんにちは、しおりです。


久しぶりの雨が気持ちいいです。

乾いた大地が潤い、心が洗われたような感覚です。



さて、昨日、ついに手に入れました。

畑カフェ Rainbow Art で毎月末に開催される、ガチャさんのカレーデイズにて入手しました。


やまなしの人や暮らしをつたえる、フリーペーパー『BEEK』。


なんと今回は、奥信濃の『鶴と亀』とのコラボです。

地方にいるイケてるじいちゃんばあちゃんをスタイリッシュに発信する、あのフリーペーパーです。


こんなに素敵なコラボがあるだなんて、感激。





お気に入りすぎて、デスクの真ん前に飾ってしまいました。

これ、ほっとくと額とか買っちゃうかもしれないレベルです。

宝物です。


実は、おじいちゃんおばあちゃんが大好きです。

昔から、おばあちゃんっ子だったのです。


現在、月に一度は長野の実家に帰り、おばあちゃんの写真を撮影するのが、ライフワークになりつつあります。






前回の帰省では、山へフキを採りに出かけたり、母の日のカーネーションに興味津々だったり。

おばあちゃんと一緒に過ごしていると、飽きるということがありません。

たとえ、同じ話を幾度もされようと、それがとても愛しいのです。

それだけ伝えたいことがあるなんて、素敵だと思います。

鬱陶しくなっても、結局、わたしは彼女の虜です。



さて、美浜に目を向けてみると、それはそれは、元気なお年寄りの方がたくさん。


海苔の漁に出かける船では、黒く焼けたおじいちゃんが潔く舵を取っています。

軽トラの運転席に誰もいないと思えば、ハンドルの奥で小さなおばあちゃんが運転しています。

今日は雨降りなのに、畑で農作業をするお年寄りの姿がちらほらと目に入りました。


いつでも、どこからか、話し声や笑い声が聞こえてくるような気がします。

アミさんは、広場でゲートボールを楽しむ、おじいちゃんおばあちゃんが気になるようです。


わたしは、毎朝、同じ時間に、同じ場所で、腰掛けているおじいちゃんが好きです。

それから、散歩中に出会う、ひたすらぼんやり黄昏ているおばあちゃんが好きです。


挨拶をしても、いつも返してくれるわけではありません。

耳が聞こえにくいのか、目が見えにくいのか、そんなこともあるでしょう。

でもね、挨拶が返ってこないと、ちょっぴり嬉しくなってしまいます。

だって、それだけ黄昏に没頭しているのだから、黄昏の天才の証です。


黄昏上手なおじいちゃんとおばあちゃんは、大師匠です。

わたしも、いつかそんな黄昏の達人になりたいものです。



それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

もし、町のどこかで熟練の黄昏人を見かけたら、連絡ください。







Gacha no Curry day


『カレーで人とつながろう!』


知多半島のあちらこちら、長野県の上の方に出現するカレー屋さん。

美浜町では、毎月末、畑カフェ Rainbow Art にてカレーデイズを開催中。


ガチャさんの素敵すぎる人柄に中毒になる人、多数。





BEEK


『やまなしの人や暮らしをつたえる』


山梨県で製作されている、素敵情報満載のフリーペーパー。


日々の生活の中で見落としていた発見ができるように。





鶴と亀


『地方にいるイケてるじいちゃん、イケてるばあちゃんをスタイリッシュに発信』


長野県、奥信濃から全国へ発信されるフリーペーパー。


地方はおもしろくない。

もう、そんな時代じゃない。




-青海波-

- せいがいは - 愛知県知多半島よりお届けする 美浜のくらし。生活のあれこれ。

0コメント

  • 1000 / 1000