愛おしいおいしいきのこランチ



こんにちは、しおりです。

夏の暑さに目を背けて、早く秋にならないものかと、三日に一回ほど妄想します。


秋といえば、きのこ。

きのこといえば、きのこらんど。

きのこらんどといえば、美浜町上野間。

なんのことやらという方は、まずはこちらの記事をどうぞ。



わたしたちが働く広沢建設の事務所から徒歩数分。

「美浜きのこらんど」さんから頂いたきのこで、ランチをしました。


じゃん。




メインディッシュ、イズ、きのこ。

今日もいつものように脇役だと思っていたきのこたち、ごめん。

たまには目立ってほしいから、今日はきのこが主役のきのこランチ。


それでは、きのこたちがおいしくなるまでの華麗な姿を見てゆきましょう。





きのこらんどさん特製エリンギ。

ほら、聞こえてきます。

「僕たちを頼んだよ」って、可愛い顔して。





こちら、鳳尾茸。

「ほうびたけ」と読みます。

なんと、クックパッドにもレシピが載っていない、レアきのこ。





あら、しいたけさん、早くもトースターの中です。

バターと醤油とお酒を少々浴びて、サウナの中にいるようです。





さくさくと切られてゆきます。

待ってましたと言わんばかりに、包丁を受け入れています。





エリンギと鳳尾茸、仲良く炒められます。

オリーブオイルとハーブソルトを絡められ、いい香りを部屋中に撒き散らします。

このシンプルな味付けがおいしさの秘訣だそう。





できました。

早速、いただきます。


おいしい、めちゃくちゃおいしい。

新鮮なきのこが、お口の中で旨味を増します。

エリンギはコリっとした食感を楽しんで、鳳尾茸は味の絡まり具合を楽しんで。

とてもおいしくて、きのこが食卓の主役になれない理由がわからなくなりました。


エリンギはこれからもスーパーのスターでしょう。

でもね、鳳尾茸のすごさと言ったら、これがまた半端じゃないんです。

未来のスーパーのきのこ売り場では、鳳尾茸がエースかもしれません。

そんな鳳尾茸の可能性を、ひしひしと感じました。


いろいろ書きましたけど、とにかくおいしいんです。

それだけです。




ええ、忘れていませんよ。

しいたけさん、大丈夫ですよ。

ものすごく、おいしいです。


「美浜きのこらんど」に潜入して、きのこの始めから終わりまでを知ってしまったから。

なんだかとても、きのこのことが愛しくて仕方ありません。

きのこがこんなにおいしいだなんて、感激です。


これからも、きのこのある暮らしを楽しもうと思います。

「美浜きのこらんど」では現地販売もあるので、おいしいきのこを食べてみたい方は、ぜひ上野間まで。




*美浜きのこらんど* 

 愛知県知多郡美浜町上野間字矢口42-1 (map

 TEL 0569-87-5647 

 ※日曜日はお休みです  



-青海波-

- せいがいは - 愛知県知多半島よりお届けする 美浜のくらし。生活のあれこれ。

0コメント

  • 1000 / 1000