『いなりの朝市』復活から一ヶ月



こんにちは、しおりです。


先月、武豊にある堀田稲荷神社で復活した朝市。

いっぱいはしゃいでしまった様子は、下の記事からどうぞ。



さて、いなりの朝市、復活を遂げてから、一ヶ月が過ぎました。

2と7の付く日に開催ですから、昨日12日に再び足を運んできました。





なんと。

堀田稲荷神社に足を踏み入れた途端、熱気。

大勢の方、特にお年寄りのおばあちゃんたちで賑わっていました。


例えるなら、ちょっと大きな井戸端会議。

あちらこちらから、日常会話が聞こえてきます。





そして、おばあちゃんたちのお洋服って、とってもお洒落ですよね。

わたしには到底着こなせない色使い、模様。

朝市にいらしていたおばあちゃんたちも、とっておきの一枚なのか、みなさん素敵でした。





あら、あらあら。

小松菜を購入したあみさん、サニーレタスをおまけしてもらったようです。

お母さん、いっつも太っ腹なんだから。





もうすぐハロウィンですから、やはりお部屋を装飾したいですよね。


む、むむむ。

こちら、飾りものではなくアイシングクッキーなんですって。

しかも奥には、ハロウィン仕様のお菓子のお家が見えます。

ああ、乙女心をくすぐられる。


一目惚れして買ってしまったけれど、もったいなくってしばらく食べられそうにありません。

と言いながら、明日にはお腹の中にあるかもしれない。





「しおりちゃん、たい焼き食べる?」

と、あみさんが悪魔のささやきをします。

もちろん、いただきます。(大好物)





たい焼きを焼いていらっしゃったおじさんは、元々和菓子職人だったそうです。

滑らかな手つきから、今でもその技が体に染みついているのだと感じました。


たい焼き、おいしい。

元和菓子職人さんが神社で焼いたたい焼きは、おいしい以外にありえません。

いつまでも食べていたくて、味わっていただきました。





え?

え、ナス?

長くないですか?





ほら。

わたしの顔が小さいんじゃなくて、ナスが大きいんですよ。

小顔効果を期待できるナス、日本中に知られたら、えらいこっちゃ。





堀田稲荷神社の朝市、おすすめです。

スーパーでは見られない珍しい野菜を見つけられますし、お値段も破格。

うきうきしながら、お買い物を楽しむことができます。





そして、素敵なおばあちゃんたちに出会えること、間違いなし。

お店の方だけでなく、おばあちゃんからもお料理のことを教えてもらえることもあります。





復活からわずか一ヶ月で、すでに地域に根付いた朝市になっており、少々びっくりました。

これからも、笑顔の生まれる楽しい朝市が続いてくれると嬉しいなと思います。






*堀田稲荷神社朝市「いなりの朝市」*


毎月、2と7が付く日に開催されます。

時間は午前7時~お昼頃まで。


〒470-2508 愛知県知多郡武豊町川脇6 (map)  


-青海波-

- せいがいは - 愛知県知多半島よりお届けする 美浜のくらし。生活のあれこれ。

0コメント

  • 1000 / 1000