美浜に移住して一年。


こんにちは。今年も金柑の季節がやって来ました!美浜町でもいろんな所で金柑の木を目にします。


皮ごと食べられるのでビタミンCを沢山摂ることことができる金柑。また昔から、咳止めやのどの痛みを抑える薬用にも用いられてきました。


そう、まさに今の時期にピッタリなのです!


と、言う訳で今年は青海波ねずみスタッフが金柑の収穫に行ってまいりましたのでご覧ください。






畑仕事が大好きなテレ三郎。金柑がある畑にやって来ました。


「すご~い!沢山なってるなぁ。がんばって収穫しなくっちゃ!」





「去年は金柑ジャムと金柑酒を作ったけど、今年は何にしようかな~♪」





「ふぅ・・。さすがに一人で作業してると疲れちゃう。ちょっと休憩しよう。」





「お~い!テレ三郎兄さん!手伝いに来たよ~。ボクは落ちてしまった実を集める係をやるね!」





「ボクも手伝うよ~!わわわ!!沢山あるねぇ!頑張って採ろう!!


うぅ!!・・・手、手が届かない!!」





「こっちもこんなにあるね!金柑の実って、小さくて可愛いなぁ。」





いつの間にか、みんながテレ三郎のお手伝いに集まってきました!


おかげで沢山の金柑を収穫することができましたとさ!






こんなことをしておりますが、私が名古屋から美浜町に移住してきて丸一年が経ちました。


あっという間の一年でしたが、名古屋にいた頃に比べて自分のやりたかったことができるようになったなぁと実感しています。


仕事中心だった生活から、今は自分の時間を大切にできるようになりました。


そして、それ程思い入れのなかった生まれ育った「名古屋」と言う場所が自分にとっていかに大きいのかと言うこともわかりました。


美浜と名古屋は電車でも1時間あれば行き来ができる距離です。なので、行ったり来たりをすることで両方の場所から刺激と安心を得られる状態が今の自分には合っているな、と気付きました。





いつもの海で、ねずみたちとぼんやりする時間。この時間が、自分にはとっても必要だったなぁと思います。


それにしても、名古屋にいた頃からいつも一緒にいたねずみたちが、美浜でも受け入れられて相変わらず写真を撮っている自分・・。


結局どこにいても自分は自分でしかないんだな!と思えたことも移住してから気付けたとても大きなことでした。





1年後の自分はどんな風景を見ているのか・・全く想像できなくてワクワクします。


海のある町で暮らす自分の生活を楽しんでいる人たち、今後もこちらでお届けいたします。





-青海波-

- せいがいは - 愛知県知多半島よりお届けする 美浜のくらし。生活のあれこれ。

0コメント

  • 1000 / 1000