やさしい海のある場所で 『NOMA BASE』 前編

こんにちは。

3月になって美浜町のあちこちで春が訪れているのを感じる毎日です。


寒い時期は外に出るのも億劫でしたが、これからの季節はちょっとした散歩でも心が躍ります。強風で冬は近づけない海も、これからの時期は思う存分楽しめるのです。


美浜町は地区によって町並みや海の風景も様々なのですが、今回は昔ながらの町並みが残る「野間」にある素敵な場所をご紹介します。






薪ストーブ・メンテナンス専門店「ショルン」。


築100年以上になる古民家は薪ストーブのショールームです。



玄関でもストーブがお出迎え!


ガラガラと昔ながらの戸を開けると・・



そこは、雑貨屋さんのような店内!


実はショルンでは今年から薪ストーブのショールームだけでなく「NOMA BASE」としての営業が始まりました。



ご夫婦でストーブの仕事に携わりながら、美浜町に移住して8年目。


ストーブだけでなく、生活の中にあると心地好い食器や日用雑貨などを奥様である友子さんのセレクトで販売されています。







自分が普段使っていて肌に馴染む、気持ちの良いもの。誰かにプレゼントしたいと思えるものが「NOMA BASE」に集まったものたちです。



ドイツやフィンランドの歴史のあるメーカーが作ったスタンダードな調理道具。


子育て世代のお母さんには食洗器でも洗える丈夫な食器。


丁寧に家事をする時間のある人には陶器の焼き物の器を。



使う人の生活スタイルも考えて集められた魅力的な商品は、友子さんが出来る限り自分とつながりのある人たちから入荷しているのだそうです。




こちらは美浜町で無農薬・無肥料栽培の野菜や加工品を販売されている桑田農園さんの商品です。


美浜町に住んで一年になる私も桑田農園さんの存在はここで初めて知りました!


並んでいる物を見ながら、「こんな商品があるんだ~!」と発見する楽しみがここにはあります。





『ちょこっと背伸びして買ってみたいな!』と思う物は、都会に出れば沢山店頭に並んでいます。今はネットでの購入も当たり前の時代。


けれど、ここでは友子さんとの会話や場所の雰囲気など、買うこと以外のお楽しみも!





友子さんと商品を見ながら話していると、「自分の気持ちを豊かにさせたり、普段の生活を大切にするために自分が欲しいものって一体何なのかな?」と、ふと思ったり。



「可愛い!」や「カッコイイ!」はたまた「安い!」や「高いけど買ってしまおうか。」の向こう側が、会話の中から見えてくる気がしたのです。





これを私の生活に迎え入れたら、どんな時間が生まれるんだろう。



自分の心に向き合えるようなきっかけが、セレクトされた商品やストーブの暖かさからも伝わってくるようでした。





次回は友子さんのご一家が、美浜町で暮らそうと思ったきっかけのお話しなどを伺います。お楽しみに!





*NOMA BASE*


愛知県知多郡美浜町大字野間字中新田97 (map)

TEL:0569-77-2889

営業日:月・火・木・金 10時~15時


薪ストーブ・メンテナンス専門店「ショルン」のFacebookはコチラ















-青海波-

- せいがいは - 愛知県知多半島よりお届けする 美浜のくらし。生活のあれこれ。

0コメント

  • 1000 / 1000