新企画『見せて!聴かせて!』ミーティング。


青海波のねずみスタッフです🐭


美浜に暮らし1年半。(その様子はInstagramで見られます)


町の案内人を目指し日々生活しているねずみたちですが、「この町に住む人にもっと美浜のことを教えてもらいたい!」と最近強く思うようになってきたようです。


『自分たちがインタビュアーとカメラマンになって美浜に暮らす人たちに取材したい!』


ねずみスタッフの意見が一致しました!


でも、インタビューもカメラマンも経験の無いねずみたち・・・。


少し不安になり、初めての取材は練習台として(?)まずは同僚でもある、青海波の人間スタッフ・アミにインタビューすることになりました。


※ねずみたちとアミは共に名古屋から美浜に移住し、青海波スタッフとして働いています。




今回はインタビュー・ねずみくん、カメラマン・テレ太郎が担当致します。


🐭「え、えっと・・今日はよろしくお願いしまうす。ちょっと緊張していまうす💦💦」


アミ「はい。よろしくです!」


左から インタビュアー・ねずみくん、アミ、カメラマン・テレ太郎


🐭「アミさんは、美浜に来てどのくらい経ちましたか??」


アミ「2017年2月に名古屋から引っ越して来たので、ちょうど1年半くらいですね。」


🐭「はぁ~・・・もうそんなに経つんですね。ところで、最近どんな感じですか??」


アミ「ざっくりした質問だな!・・・う~ん、楽しく生活してると思います。名古屋にもしょっちゅう帰ってますけど。実家もあるし、近いからね。」


🐭「それって実は美浜に友達がいないから・・とかじゃないですよね?」


アミ「違いますよ!!週に一度くらいは友達のウチに集まってゴハン食べたりしてます。あと、『知多新人』って言うバンドにも参加しているので最近は練習で集まったり。


名古屋にいた頃より時間に余裕があるので、色々とやりたいことが出来ている気がします。」



アミ「これは先日、知多新人でライブをやった時の写真です。前列左の方で浴衣でウクレレ弾いてるのがワタクシです。メンバーの一人がご結婚されたので、そのパーティーで演奏しました。


知多新人は美浜町と南知多町に暮らす人たちで結成されたバンドで、みんな移住者です。知多が好きで集まった人たちで、とっても個性的で濃い人たちですね。


この時、すっごい盛り上がって楽しかったなぁ!」


🐭「あ~!実はボクたちも参加してるんですよね、コレ!左下にいます!!」


アミ「・・小さくて、よくわからんけど。」


🐭「う~~!また来月美浜でライブがあるので、その時はもっと目立ちたいです!


ところで、美浜のお気に入りスポットってあります?」


アミ「やっぱり今住んでいる上野間の海岸かなぁ。家から歩いて行ける距離に海があるのは贅沢だなぁと思います。仕事が終わってから散歩する時はカメラを持って歩いています。


音楽を聴きながら海を見てボーっとしたり、歩いたりしていると元気が出てくると言うか。


同じ夕陽でも日によって全然雰囲気が違ったりして・・そんなことを感じられる余裕がある!と言うことが美浜に来て一番変わったことかもしれません。」



上野間の海岸からはセントレア(空港)が見えます。夕暮れ時に飛び立つ飛行機を見ていると、なんとなくうっとりな気分に。


アミ「ここでキミたちの写真も良く撮ってるじゃない。」


🐭「そうですよね~。」


アミ「ねずみくんはどうですか?海のある町の暮らしは??」


🐭「あ~・・楽しいです!みんな可愛がってくれるので、ねずみでも暮らしやすいです。」


アミ「たまにキミたちの写真撮ってると『青海波』ですか??って声かけてくれる人がいるもんね!ビックリするけど。」


🐭「そうそう!ボクたちのこと、Instagramで見たことある!って言われたりして。」


アミ「ありがたいこってす!」


🐭「ホントに。感謝ですね!・・では次の質問なんですけど、最近好きな音楽ってあります?」


アミ「あり過ぎる・・!!今、バンドでウクレレをやってますけど来月のライブでは私がボーカルを務めることになった曲が一曲あって。『幸せハッピー』って言う曲なんですけど。」


🐭「ボクも大好きな曲です!」



2007年に出た細野晴臣さんのアルバム『FLYING SAUCER』に収録されています。


🐭「『幸せハッピー』は歌詞が清志郎さんで、曲が細野さん。」


アミ「そうです。細野晴臣さん、忌野清志郎さん、坂本冬美さんの3人でやっていたH.I.Sと言うグループでも演奏されてました。元々は坂本冬美さんのために作られた曲らしいです。


昔から大好きな曲だったので是非バンドでやりたい!と申し出たところ、OKしてもらえて。去年やったライブでも演奏しました。今度のライブではメインボーカルで!と言われて・・。」


🐭「ほう!」


アミ「この歌は自分にとってもテーマソングみたいな所があって。『金があっても不幸せじゃ どーにもなりゃしねえ』って部分、美浜に移住してからより実感するようになりました。」


🐭「へぇ~!」


アミ「名古屋にいた頃は仕事中心の生活で貯金もある程度できていたんだけど。仕事を理由に、やりたいことを我慢することが増えてしまって。大変な中にも楽しいことはあったんですけどね。」


🐭「ボクたちもお仕事手伝ってましたよ。」


アミ「そうでしたね・・。ありがとうございました!


今は、自分が楽しもう!って考えることが増えて、また違う世界が広がった気がします。そんな思いがこの曲にも詰まっているので、美浜で演奏できるのは感慨深いと言うか・・」


🐭「なるほど!・・まぁ、そうは言ってもお金は大事なんで貯金もして下さいね。


ではそのライブを最後に告知しましょうか!奥田海水浴場にある海の家で開催ですね。」



🐭「今年は前夜祭もあるんですよね!海の目の前で演奏できるってホントに素敵なことだと思います。」


アミ「去年も楽しかったもんね~!美浜にウクレレを弾く人がこんなに集まるんだ!ってビックリしました。今年もいろんな人に遊びに来て欲しいです。面白い人がいっぱいいますから。」





昨年の「ウクレレはいいね!」の様子です。


2018年8月19日(日)10時オープン 11時スタート 16時30分まで 奥田海水浴場にて開催です。


詳しくはコチラをご覧ください。




🐭「こんな感じでどうでしょう??」


アミ「うん、大丈夫かな??とりあえず、やってみましょう!いろんな人に出会えたら嬉しいよね!」


と言う訳で、次回からはいよいよねずみスタッフが取材に出かけたいと思います!


アナタのもとにねずみたちが来ましたら、どうぞお手柔らかにお願いいたしまうす🐭






-青海波-

- せいがいは - 愛知県知多半島よりお届けする 美浜のくらし。生活のあれこれ。

0コメント

  • 1000 / 1000