『見せて!聴かせて!』vol.1 メグミさん 後編


青海波ねずみスタッフが美浜暮らしをする人たちにインタビューをする『見せて!聴かせて!』。


第一回は美浜で暮らして10年目、メグミさんにインタビューしています。


前回はメグミさんの趣味である家庭菜園やロードバイクのお話しを伺いました。



後編は、メグミさん普段のお気に入りの場所である奥田海岸に一緒に出かけてみることに。(map)





この日の夕方は曇り空でしたが、風があって少し涼しい海辺でした。ご自宅から徒歩10分くらいで海岸に出られます。


🐭「今日はちょっと涼しくて風が気持ち良いですね。」


メグミさん(以下Mさん)「岩の突堤の先に座って夕陽を見ているとボラが跳ねるんだよね。そういうのを眺めてるのが好き。満ち潮で夕方晴れてるとボラはかなりいるよ。」


🐭「結局は家から歩いて行ける距離の海に思い入れがありますよね。」


Mさん「うん、うん。そうだよね。」


いろんな場所で暮らして来たメグミさんですが、海の近くで暮らすのは美浜が初めてだったそうです。


🐭「海の近くで何か困ることってありましたか?」


Mさん「ステンレスの郵便受けが一年で錆びる(笑)絶対、自転車は外に置けないね。」



🐭「メグミさんは、知多に知り合いの方がいた訳じゃないですよね?どうやってお友達が増えていったのですか?」


Mさん「美浜に来て3~4ケ月くらいでサイクリング協会に入って、顔を出すと毎週末のようにサイクリングがあるから行ける場所だったら行っているうちに知り合いも増えて。


ここ2~3年でコバレレコーヒー畑カフェRainbow Artができて、またちょっと違う繋がりができたかな。


あと自転車で知多半島でのマルシェとかにも行って気になる出店者さんたちと話すようになって、広がってきたかも。」


🐭「マルシェもここ数年で増えましたもんね!そっか~、カフェやマルシェでの出会いがあるなんて嬉しいですよね。」



『見せて!聴かせて!』では、お気に入りの本か音楽をひとつ紹介していただきます。


🐭「ではメグミさん、紹介してください。」



Mさん「これです。『魔法のびん詰め』。」


🐭「料理上手のメグミさんっぽい一冊!」


Mさん「かなり参考にしているよ。『一番見る本』としてコレにしました。」


🐭「この中での定番メニューはありますか?」



Mさん「柚子胡椒も作ったし、ピクルスも随分作ったね。梅シロップとか、紫蘇ジュースでしょ~。ミントシロップはこの前作って、まだあるよ。しょうがシロップも毎年必ず作るね。」


🐭「すご~い!またご馳走になりに来ちゃおう♪」


最後にメグミさんが作った手芸作品もご紹介します。



🐭「青海波スタッフのテレ平兄さんの赤いふんどしもメグミさんが作ってくれました!渋い!」



🐭「このマフラーもとってもオシャレ!冬にはコバレレコーヒーで販売されていました。(“びわめしや”と言う名前で他にも雑貨が販売されています。)」


最後にインタビュアーねずみくんの感想です。


🐭「美浜に来て、メグミさんに出会って料理のことや植物のこと、音楽や手芸のことを沢山聞かせてもらって、すごく『暮らし』を楽しんでいる人だなぁ!って思っていたんですよ。とってもステキだなぁって!」


Mさん「それなら、よろしい(笑)美浜は住む場所としても快適ですよ!」


🐭「これからも美浜暮らしの先輩として、いろんな生活の楽しみを教えてください!ありがとうございました。」



おしまい。




-青海波-

- せいがいは - 愛知県知多半島よりお届けする 美浜のくらし。生活のあれこれ。

0コメント

  • 1000 / 1000